スポンサードリンク
   


親知らずを抜く利点をよーく考えよう


親知らず抜く利点はいくつかありますが、「親知らず」というように多くの場合10代後半から20代にかけて生えてくる歯なので、口内環境の自己管理に注意することなく過ぎてしまうと、親知らずが原因の体調不良だと分かっていてもなかなか抜く決心がつかずズルズルいってしまいます

親知らず抜く利点は、親知らずがまっすぐ生えないために起きる親知らずまわりの炎症(智歯周囲炎(ちししゅういえん))が完治すること
炎症の原因がなくなるので、疲れた時に起こりやすい智歯周囲炎が原因と思われる頭痛・アゴ周りの腫れなどの症状がなくなります

親知らずは虫歯になりやすいだけでなく、親知らずの前に生えている歯も虫歯になりやすいため、親知らずを抜いたほうが良い場合が多いです。
下の歯の親知らずが横向きに生えており虫歯ではなかったですが、親知らずの前の歯が虫歯になり歯が折れて歯の神経がむき出しになり激痛に耐えた経験からいうと、親知らずを早く抜けばよかったと後悔してからでは遅いです。
親知らずを抜くかどうかを決めるために歯科医の検診をおすすめします。

親知らずはまっすぐに生えていないと、手入れが上手にできないため虫歯になる確率が格段に上がります。
親知らずの虫歯治療は、一番奥にある歯なので、歯科医にとって治療困難な歯。
ですので治療が不完全になりやすいとのこと。
歯科医にとって親知らずは抜きたい歯の上位に来るんでしょうね。

親知らず抜く利点は、抜かずに過ごす日々を考えると大きいです。
親知らずが虫歯になった場合、治療・抜歯どちらも困難な歯なので、親知らずが原因の体調不良であることが分かっているのなら、めんどうかもしれませんが歯科医へ検診にいきましょう。

    スポンサードリンク
   

posted by アラフォー女子 at | 親知らずの抜歯>理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク