スポンサードリンク
   


親知らずの抜歯の是非を考えてみた


親知らず抜歯是非について考えてみました。

親知らずの抜歯はなるべくなら回避したいところですが、親知らずが原因の体調不良や、親知らずが虫歯になった場合、「親知らずを抜きましょう」という歯科医の治療方針は通常の流れです。
親知らず抜歯是非はよく考えて決めるべきだと思いますが、正常に生えている場合と、横向きに生えている場合ではその後の治療の流れが変わってきます

親知らずが正常に生えており、生活に支障がなければ無理に抜く必要はありません
ただし親知らずが虫歯になった場合、親知らずの虫歯治療をしたがる歯科医はあまりいない印象があります。
正常に生えている親知らず(上の歯左右)が虫歯になりましたが「抜いた方がいい」といわれ、その時は「そういうものかな」とあまり疑問を持つことなく抜きました。
歯科医の説明によると、仮に治療したとしても磨き残しになり虫歯が再発するので、治療の意味がないとのこと。
それでもごねて治療する人はいるのかなと思いますが、虫歯になった親知らずを抜くのは歯科医の点数稼ぎのため、とはあながちいえないかと

親知らず抜歯是非は横向きに生えている場合、正常に生えている場合よりめんどうな状況が想定されることを考えないといけません。
下の歯の親知らずは両方共横向きに生えており、体調不良の時に起こる歯茎の腫れ(智歯周囲炎(ちししゅういえん))によると思われる頭痛やアゴ周りの腫れに悩まされていました。
それだけなら抜歯を考える理由はなかったのですが、親知らずの前の歯が虫歯になり歯が半分に欠けてしまいました。
そのため親知らずを抜くことを決めたのですが、かかりつけの歯科医では横向きの親知らずの抜歯はしていなかったので、紹介状を書いてもらい市内の総合病院の口腔外科で抜きました。

親知らずの抜歯の是非は、かかりつけの歯科医の治療だけですまないこともあるので、横向きに生えている場合は口腔外科で抜くことになる場合もあるということも考慮に入れ、よく考えないといけないという意味ではやっかいです。

    スポンサードリンク
   

posted by アラフォー女子 at | 親知らずの抜歯>理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク