スポンサードリンク
   


親知らずの抜歯は危険? ある女子大生の体験から


親知らず抜歯危険かもしれないと考えさせられる記事を読みました。

就職目前、親知らずの手術で舌に障害
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO88006820S5A610C1000000/

結論からいえば歯科医が親知らずの抜歯に失敗した、ということですよね。
親知らずが正常に生えているか、または横向き(水平埋没歯)に生えているかによって抜歯の難易度は変わります。
上記の記事では親知らずが横向きだったのか正常に生えていたのか分かりませんが、もし正常に生えている歯であったなら抜くのを失敗するとは考えられないので、横向きに生えている親知らずの抜歯に失敗したと考えられます
(歯科医・医療専門家ではないのであくまで素人の憶測です)

親知らず抜歯危険かも?と認識したのは、親知らずの抜歯前診断で、抜歯後に舌がしびれるかもしれないと説明を受けた時です。
アゴ周りのレントゲン写真を見ながらの話でしたが、水平埋没歯の親知らずの数ミリ下に神経が写っていました。
「神経ってレントゲンに写るんだ―」とのんきなことを考えながら説明を聞いていたのですが、抜歯時にレントゲンに写っている神経を刺激する場合があり、舌のしびれが数週間続くことがある、とのこと。
(説明内容がうろ覚えですが、概要はあっていると思います)

「以前いた病院で年間数百回親知らずを抜いていた時に年に2、3度そういった症状(舌のしびれ)があった」と口腔外科医のプチ自慢とともに説明されましたが、典型的な水平埋没歯だったのでそれほど難しい抜歯手術になるとは思わず、その時は深く考えていませんでした。
親知らず抜歯危険な状態になることなく無事終わり後遺症もなく生活していますが、上記記事の女性の場合は、不運と片付けるには代償が大きすぎます。

上記の歯科医は無理をせずほかの病院を紹介するべきでした。
そうすればこの女子大生は親知らずの抜歯で危険な目にあうことなく、むしろ痛みがなくなりその後の生活が快適なものになったかもしれません。
歯科医の実績のための抜歯だったとしたら、患者無視の治療行為は言語道断。
患者側からすれば「ふざけるな!」という事例です。

    スポンサードリンク
   

posted by アラフォー女子 at | 親知らずの抜歯>理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク