スポンサードリンク
   


親知らずの抜歯 病院選びは重要です!


親知らず抜歯病院選びはたいへん重要です。
といっても地方在住だと病院の選択肢がないので、こればっかりは運任せの部分が大きいですが。

上の歯左右の親知らずは正常に生えていましたが虫歯になったため、かかりつけの歯科医で抜きました。
下の歯左右の親知らずはどちらも歯茎に半分隠れて横向きに生えていましたが、抜くのを勧められることなく数年放置していました。
しかし片方の親知らずの前の歯が両方とも虫歯になり片方の歯は大きく欠けてしまったため、治療した歯の虫歯再発防止のために残りの親知らずを抜くことに決めました。

かかりつけの歯科医では親知らずの横向きの歯(水平埋没歯)の抜歯はしていないとのことで、市内の総合病院の口腔外科に紹介状を書いてもらいました。
この時点で親知らず抜歯する病院選びをできる状況ではないです。
市内に口腔外科の診療ができる病院があるだけでもラッキーなわけです。
地方の人口8万都市で口腔外科があるのは多分その総合病院だけです。

人口数十万都市なら口腔外科・歯科どちらも扱う医院がいくつもあり、口コミで選ぶことができるのではと推測します。
ですので1つの医院・病院で親知らずを複数本抜くことができるのはいいですよね。

歯科医にとって横向きの歯を抜くのはたいへんそうですが、口腔外科医には難しい抜歯ではないので、水平埋没歯を抜くなら口腔外科医のほうが安心です。
それでも歯科医が水平埋没歯を抜く場合、よほど腕に自信があるのかそれとも実績のためかと疑わしく感じてしまいます。
そういう意味では当サイト管理人のかかりつけの歯科医は良心的でした。
紹介された口腔外科で問題なく抜歯できたのは、運が良かったといえます。

親知らず抜歯のための病院選びは重要ですが、地方在住だと選択肢が皆無。
それにもし紹介された病院が遠方だと通うのが大変なんです。
市内に口腔外科を扱う病院があっただけでもよしとしないといけないなんて、なんか理不尽です。
【親知らずの抜歯>病院の最新記事】
posted by アラフォー女子 at | 親知らずの抜歯>病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親知らずの抜歯は危険? ある女子大生の体験から


親知らず抜歯危険かもしれないと考えさせられる記事を読みました。

就職目前、親知らずの手術で舌に障害
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO88006820S5A610C1000000/

結論からいえば歯科医が親知らずの抜歯に失敗した、ということですよね。
親知らずが正常に生えているか、または横向き(水平埋没歯)に生えているかによって抜歯の難易度は変わります。
上記の記事では親知らずが横向きだったのか正常に生えていたのか分かりませんが、もし正常に生えている歯であったなら抜くのを失敗するとは考えられないので、横向きに生えている親知らずの抜歯に失敗したと考えられます
(歯科医・医療専門家ではないのであくまで素人の憶測です)

親知らず抜歯危険かも?と認識したのは、親知らずの抜歯前診断で、抜歯後に舌がしびれるかもしれないと説明を受けた時です。
アゴ周りのレントゲン写真を見ながらの話でしたが、水平埋没歯の親知らずの数ミリ下に神経が写っていました。
「神経ってレントゲンに写るんだ―」とのんきなことを考えながら説明を聞いていたのですが、抜歯時にレントゲンに写っている神経を刺激する場合があり、舌のしびれが数週間続くことがある、とのこと。
(説明内容がうろ覚えですが、概要はあっていると思います)

「以前いた病院で年間数百回親知らずを抜いていた時に年に2、3度そういった症状(舌のしびれ)があった」と口腔外科医のプチ自慢とともに説明されましたが、典型的な水平埋没歯だったのでそれほど難しい抜歯手術になるとは思わず、その時は深く考えていませんでした。
親知らず抜歯危険な状態になることなく無事終わり後遺症もなく生活していますが、上記記事の女性の場合は、不運と片付けるには代償が大きすぎます。

上記の歯科医は無理をせずほかの病院を紹介するべきでした。
そうすればこの女子大生は親知らずの抜歯で危険な目にあうことなく、むしろ痛みがなくなりその後の生活が快適なものになったかもしれません。
歯科医の実績のための抜歯だったとしたら、患者無視の治療行為は言語道断。
患者側からすれば「ふざけるな!」という事例です。
posted by アラフォー女子 at | 親知らずの抜歯>理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親知らずの抜歯の是非を考えてみた


親知らず抜歯是非について考えてみました。

親知らずの抜歯はなるべくなら回避したいところですが、親知らずが原因の体調不良や、親知らずが虫歯になった場合、「親知らずを抜きましょう」という歯科医の治療方針は通常の流れです。
親知らず抜歯是非はよく考えて決めるべきだと思いますが、正常に生えている場合と、横向きに生えている場合ではその後の治療の流れが変わってきます

親知らずが正常に生えており、生活に支障がなければ無理に抜く必要はありません
ただし親知らずが虫歯になった場合、親知らずの虫歯治療をしたがる歯科医はあまりいない印象があります。
正常に生えている親知らず(上の歯左右)が虫歯になりましたが「抜いた方がいい」といわれ、その時は「そういうものかな」とあまり疑問を持つことなく抜きました。
歯科医の説明によると、仮に治療したとしても磨き残しになり虫歯が再発するので、治療の意味がないとのこと。
それでもごねて治療する人はいるのかなと思いますが、虫歯になった親知らずを抜くのは歯科医の点数稼ぎのため、とはあながちいえないかと

親知らず抜歯是非は横向きに生えている場合、正常に生えている場合よりめんどうな状況が想定されることを考えないといけません。
下の歯の親知らずは両方共横向きに生えており、体調不良の時に起こる歯茎の腫れ(智歯周囲炎(ちししゅういえん))によると思われる頭痛やアゴ周りの腫れに悩まされていました。
それだけなら抜歯を考える理由はなかったのですが、親知らずの前の歯が虫歯になり歯が半分に欠けてしまいました。
そのため親知らずを抜くことを決めたのですが、かかりつけの歯科医では横向きの親知らずの抜歯はしていなかったので、紹介状を書いてもらい市内の総合病院の口腔外科で抜きました。

親知らずの抜歯の是非は、かかりつけの歯科医の治療だけですまないこともあるので、横向きに生えている場合は口腔外科で抜くことになる場合もあるということも考慮に入れ、よく考えないといけないという意味ではやっかいです。
posted by アラフォー女子 at | 親知らずの抜歯>理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親知らずを抜く利点をよーく考えよう


親知らず抜く利点はいくつかありますが、「親知らず」というように多くの場合10代後半から20代にかけて生えてくる歯なので、口内環境の自己管理に注意することなく過ぎてしまうと、親知らずが原因の体調不良だと分かっていてもなかなか抜く決心がつかずズルズルいってしまいます

親知らず抜く利点は、親知らずがまっすぐ生えないために起きる親知らずまわりの炎症(智歯周囲炎(ちししゅういえん))が完治すること
炎症の原因がなくなるので、疲れた時に起こりやすい智歯周囲炎が原因と思われる頭痛・アゴ周りの腫れなどの症状がなくなります

親知らずは虫歯になりやすいだけでなく、親知らずの前に生えている歯も虫歯になりやすいため、親知らずを抜いたほうが良い場合が多いです。
下の歯の親知らずが横向きに生えており虫歯ではなかったですが、親知らずの前の歯が虫歯になり歯が折れて歯の神経がむき出しになり激痛に耐えた経験からいうと、親知らずを早く抜けばよかったと後悔してからでは遅いです。
親知らずを抜くかどうかを決めるために歯科医の検診をおすすめします。

親知らずはまっすぐに生えていないと、手入れが上手にできないため虫歯になる確率が格段に上がります。
親知らずの虫歯治療は、一番奥にある歯なので、歯科医にとって治療困難な歯。
ですので治療が不完全になりやすいとのこと。
歯科医にとって親知らずは抜きたい歯の上位に来るんでしょうね。

親知らず抜く利点は、抜かずに過ごす日々を考えると大きいです。
親知らずが虫歯になった場合、治療・抜歯どちらも困難な歯なので、親知らずが原因の体調不良であることが分かっているのなら、めんどうかもしれませんが歯科医へ検診にいきましょう。
posted by アラフォー女子 at | 親知らずの抜歯>理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親知らずを抜くメリットはあるけどデメリットはないのでは?


親知らず抜くメリットデメリットはいくつかあります。

まず親知らず抜くメリットは、親知らずが通常とは違う生え方をしていることによって起こる症状がなくなること
親知らずがまっすぐに生えていないために起こる智歯周囲炎(ちししゅういえん)は、親知らずに接している歯茎の炎症によって起こる病気のことですが、この歯茎の炎症の範囲が大きくなると顔が腫れたり口が開けにくくなったりということがあります。
それに付随して頭痛になることも考えられます。

あご周辺が腫れたことはありましたが、口が開けにくくなるまでひどい症状になったことはありません。
しかし親知らずを抜いたあとは疲れた時に起こる歯茎の炎症による頭のだるさはなくなったと感じるので、疲労時の体の不調の原因が親知らずにもあったと今になって思います。

親知らず抜くメリットは、親知らずのみならず親知らずの周囲の歯の虫歯を防ぐことも挙げられます。
親知らずは一番奥に生えている歯なので、歯磨きで磨き残しになる場合が多く虫歯になりやすい歯です。
ですので親知らずとその前の歯が虫歯になる危険が高くなります。

親知らずは上の歯は正常に生えていましたが両方共虫歯になり抜きました。
下の歯は左右どちらも横向きに生えていて体調不良の時は痛かったのですが、虫歯ではなかったのでそのまま何年も放置していました。
しかし親知らずの前の歯が虫歯になり歯が半分に欠けてしまいまして。
親知らずはどうしても磨き残しになり虫歯になりやすいですし、虫歯になった場合治療・抜歯がめんどうなことは予想がついたので、親知らずを抜くことに。
もう一方の歯の親知らずは問題ないですが、やはり親知らずの前の歯が虫歯になっていて(こちらの歯は欠けるほどひどくはなかった)もう片方の親知らず同様前の歯の虫歯が悪化する危険はあるので、こちらの親知らずも抜きました。

親知らず抜くメリットはまだありますが、デメリットはないような。
親知らずを抜くメリットより抜かないデメリットは多い気がします。
親知らずを抜くメリットと抜かないデメリットは同義ですので、体調不良の原因が親知らずかなと思ったら早めの診察が大切です。
posted by アラフォー女子 at | 親知らずの抜歯>理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク