スポンサードリンク
   


親知らずの抜歯は30分くらい? 1本抜くのにかかる時間は?


親知らず抜歯は準備時間を含めると1本抜くのに30分前後かと。
親知らずが正常に生えていれば短時間で抜けますが、横向きの場合はそれなりに時間がかかります。
横向きの歯(水平埋没歯)は抜きやすい場合と抜きにくい場合があり、完全に水平に生えていれば10分位で抜けますが、少し傾いていると10分以上かかります。(どちらも体験しました)
また親知らずがあごと密着しているとかなりの大手術になると聞いたことがあります。

親知らず抜歯そのものに30分以上となると、大手術と患者側は感じます。
30分以上口をあけっぱなしにするのはツラいですし。
その場合は局所麻酔ではなく全身麻酔や静脈内鎮静法を使った手術になりそうですが、局所麻酔と思われる抜歯で1本抜くのに1時間以上かかったという書き込みを読んだ時、「ご愁傷さまです」といいたくなりました。
入院施設のない歯科医院などでは日帰り入院ができないので、局所麻酔での抜歯にならざるを得ないのかなと。

親知らず抜歯30分前後なのは1本を抜く場合。
複数本抜歯するなら入院での抜歯になることが多いので、30分では終わらないと思います。
通院で1本ずつ抜歯するなら1回の治療時間は、抜きにくい歯でない限り30分前後で終わります。
しかし抜くのが困難な水平埋没歯の抜歯は30分では終わらないかもしれません。
どちらにしても抜歯する歯科医・口腔外科医の腕にかかっているので、技術の確かな医者に短時間で手術して欲しいところです。
posted by アラフォー女子 at | 親知らずの抜歯>方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親知らずの抜歯 4本同時なら局所麻酔より全身麻酔? 静脈内鎮静法?


親知らず抜歯をする場合、4本同時にしたいという人のために、局所麻酔より全身麻酔や静脈内鎮静法を用いるのが一般的のようです。

通常歯を抜く時に使われる麻酔は歯茎に直接注射する局部麻酔が一般的です。
しかし歯の治療がいやで局所麻酔での抜歯方法に拒否反応がある場合、またそもそも歯の治療を恐怖に感じる人にとっては鎮静法での治療は効果的なのかもしれません。
ただし局所麻酔より治療費はかかりますが。

親知らず抜歯4本行う場合、局所麻酔が当然と思っていました。
正常に生えていた上左右の親知らずは歯科医、横向き(水平埋没歯)だった下左右の親知らずは総合病院の口腔外科医による抜歯でしたが、どちらの問診でも麻酔については説明がなかったですし。
歯の治療にそれほど嫌悪感がないので、それを察知して説明の必要なしと判断したのかもしれません。
それに歯科医院は入院施設がないので局所麻酔での治療しかできないわけですが、口腔外科では「通院で抜歯する」と伝えていたので麻酔の種類について説明する必要はなかったんでしょうね。

親知らず抜歯4本同時にするなら通常は入院することになるので、局所麻酔より全身麻酔や静脈内鎮静法のほうが口腔外科医、患者双方にとって負担が軽くなります。
サラリーマンが通院で抜歯のたびに休みを取るくらいなら、まとめて抜いたほうが休暇期間が少なくて済むので、抜歯の治療期間の短縮、抜歯後の疲労・痛みのケアも考えると親知らずの抜歯を1回で済ますというのはアリかと思います。
当サイト管理人は在宅勤務なので通院しましたが、勤務形態や「しんどいのを1回で終わらせたい」という声を聞くと入院して親知らずを抜く人は案外多いのかな、と感じました。
posted by アラフォー女子 at | 親知らずの抜歯>方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親知らずの抜歯を4本同時に? 無謀な気がしないでもない


親知らず抜歯4本同時にできるのでしょうか。
口腔外科で親知らずを4本同時に抜歯、しかも日帰りでできるといわれたという記事を読んでびっくりしました。
親知らず抜歯4本同時に行うことは考えたことがありません。
同時に抜く=入院だろうし、入院したくないので時間はかかるけど通院で抜くことになんの疑問もなかったのですが。

当サイト管理人は親知らずを4本抜きましたが、期間を開けて抜きました。
上の左右の親知らずは正常に生えていたためかかりつけの歯科医で抜きましたが、街の歯科医院なので入院施設があるわけもなく1ヶ月の間に2本抜歯した記憶があります。
よく覚えていないのは、上の親知らずを抜いたのがかなり前だったから。
正常に生えていた歯の抜歯でしたがそれなりに体力を消耗しました。

下の左右の親知らずはどちらも横向き(水平埋没歯)で、歯茎が半分以上かぶさっている状態。
上の歯の親知らずを抜いた時、本当は下の歯の親知らずが欠けたので診察予約をしたのに上の歯の親知らずの虫歯がひどいので抜くことになったという経緯がありました。
しかし下の親知らずは本当にただ欠けていただけで虫歯も大したことはなく詰め物で終わり、下左右の親知らずの抜歯を歯科医に勧められることもなくそのまま数年過ぎました。

残りの親知らずを抜くことになったのは、歯の40歳検診であちこちに虫歯が見つかり、その治療中に親知らずの前の歯が虫歯のせいで半分に欠けてしまったため。
歯の神経がむき出しになり激痛が走り、次の診察予約を待つなんて到底無理、年末年始にかかっていたこともあり診察予約を前倒ししてもらいその虫歯を治療しました。
でもすぐに親知らずを抜いたわけではなく、虫歯の治療が終わってから紹介状を書いてもらい市内の総合病院の口腔外科で親知らずを抜きました。
入院を勧められましたが、通える場所だったので通院しました。

親知らずを抜く経緯を振り返りましたが、親知らず抜歯4本同時というのは体への負担が大きいと思います。
下の歯の親知らずを抜く時はまさに「手術」で、抜歯後は普通に帰宅しましたが思ったより体力を消耗していました。
親知らずの抜歯を4本同時にすれば痛みや不快感も短い期間で済みますが、体力がないとその後の生活を通常に戻すのに時間がかかるような気がします。
posted by アラフォー女子 at | 親知らずの抜歯>方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親知らず抜歯当日の食事は流動食? いつもの食事で問題なし?


親知らず抜歯当日食事は、いつもの食事と同じものを食べることができる、と親知らずを抜いた口腔外科でもらった「おやしらずの抜歯」というしおりに書いてありました。
口腔外科で下左右の横向きに生えていた親知らず(水平埋没歯)を通院で1本ずつ抜いた当サイト管理人は、抜歯後当日から2,3日は血の味がしましたがいつもどおりの食事でした。

親知らず抜歯当日食事は、まとめて複数本抜く場合は入院になることが多いので、抜歯後に合わせた入院食が出てくるのでしょうか。
まとめて2本、4本抜いて通院できる場合もあるかもしれませんが、体の負担を考えると最低でも日帰り入院になると考えられます。
健康な20代なら可能?
でもアラフォー女には日帰り入院で複数本抜歯は考えられないかも。

当サイト管理人の横向きの親知らずは典型的な水平埋没歯だったので、抜歯後の出血や痛みはそれほどひどくなかったと思います。
でも口の中にパッカリ穴が空いている感覚は気持ちのいいものではなく、また抜歯した穴を縫っているので抜糸するまでの間口の中が気持ち悪かったです。
それに食事をすると抜歯した穴にご飯粒などの食べ物のカスが入るので、それを取り出すのに食後に口を何回もゆすいだり、抜歯した穴を刺激しないように食べ物カスを取り出したりと(汚い話ですみません)、抜糸・穴が塞がるまでは片方でしか噛めず食後のケアもめんどうでした。

親知らず抜歯当日食事はおかゆなどの流動食にすればいいのでは? という声は無視。
ただでさえ抜歯のストレスで気分がダダ下がりなのに、食事もしょぼいのは我慢できません。
内臓の手術をしたわけではないですし。
(ちなみに「お酒はダメ」といわれたので飲酒はしてません)
抜歯後の出血や痛みがひどくなかったのでいつもの食事でしたが、もし出血や痛みがひどければ飲むゼリーや流動食だったかもしれません。
posted by アラフォー女子 at | 親知らずの抜歯>食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親知らずの抜歯を研修医や若い先生に任せるのは怖いけど


親知らず抜歯を実際に行うのが研修医若い先生になることがあります。
研修医のいる病院での親知らずの抜歯は多くの場合大学病院や総合病院での抜歯ですが、親知らずを抜く患者側としては研修医若い先生に抜歯されるのは怖いですよね。

研修医や若い先生は技術を磨き経験を積むためにやる気満々かもしれません。
心情としては「がんばれ!」ですが、いざ自分が治療される側になると嫌だなあとなってしまうのは勝手な話です。
でも現実は練習台にされるわけで。

下の歯の親知らずが両方とも横向き(水平埋没歯)だったため、かかりつけの歯科医に紹介状を書いてもらい市内の総合病院の口腔外科で親知らず抜歯しましたが、研修医ではなくベテランの口腔外科医が両方の歯を抜歯しました。
総合病院なので研修医はもちろんいました。
研修医は男性で、歯医者=女性の歯科衛生士という組み合わせが当然と考えていたところに治療のアシスタントが男性というのは驚きました。
女性の歯科衛生士(口腔外科だから看護師?)はいましたが、町の歯科医院では女性の歯科衛生士の仕事を研修医がしていたのはある意味新鮮でした。

入院ではなく通院での抜歯だったので、片方ずつ親知らずを抜きました。
親知らずを抜いた家族が「片方はベテランの先生が抜いたけど、もう片方は若い先生の実験台にされていやだった」と文句をいっていたのを思い出し、もしかしたら…と2回めの親知らず抜歯日はちょっとドキドキでした。
しかしどちらもベテランの先生に抜歯してもらいホッとしました。

親知らず抜歯若い先生研修医にされるのはイヤですが、名医と呼ばれる口腔外科医でも下積み時代があったわけなので、若い先生や研修医でも嫌がらずに治療を受けないといけないと思います…。
でもなるべくなら当たりたくない!
posted by アラフォー女子 at | 親知らずの抜歯>病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク